FC2ブログ

ある秋の日の・・・

2008/10/29 22:41
これは ある秋晴れの出来事~~~~~




秋~~  それは収穫の秋?

う~~ん それだけじゃない。
田んぼも忙しい秋なのだぁ
稲刈りもさることながら その後も大変。

来年に向けて 田んぼの下ごしらえっちゅうかぁ~
まんず、草を刈って 寄せて寄せて~~ 始末!

でもって 稲刈り後に元気に出てくる稗をとにかく刈る!抜き取る!
そして、始末するぅ
これをしないと稗のよく実った種が落ちて
来年の田んぼに大量に生えてくることになるのだば

そうなったらそれをまた抜き取る作業にヒーコラしないといけないのよ
稗入り米は ダメダメですからぁ(汗)

その、稗を刈った後の話し。
旦那と刈り取った草を寄せて 始末しようとしたのだけど
旦那は簡単にそれを燃やそうと考えたのね まぁ地面が湿ってれば問題はないのだけど

この日 天候は晴れ!

結果!  燃える燃える!! めっちゃ燃える~~~~!!!

あっという間に メラメラ ボウボウ!!広がっていくったらもう~~~
私ゃ 滅多と焦らないんだけど・・・
この時ばかりはマジ! ほんまに 焦ったっちゅうのおおおおお!!!


旦那は私一人田んぼに置き去りして 家からホース取ってくる!って
その間 一人燃え広がる火と闘ったわよ。
出来るだけ広がらないように草をかきとったり~~~

でもそんなもんで治まるわけゃない。

旦那の戻ってくるまでの数分間がどんなに長く感じたか・・・

傍目には野焼きなんだけどね
隣の田んぼは蕎麦畑。 万が一燃え移ったら一大事やんかー!




ま、何はともあれ なんとか間に合って?
というか、結局火は止められずに風下部分全部 真っ黒~になったわけでぇ(笑)

おかげさまで この田んぼに関してはぁ まぁ~~仕事早い早い!
当然よね あっちゅうまに燃えて無くなってしまったんだからぁ ハハハ


その後、残りの田んぼは 此処は燃やすこと出来ない田んぼだったから
ひたすら手で 稗を抜いて歩いたわよ。
田んぼの中を・・・・  何往復も・・・

日はどっぷりと暮れ落ちて~

なが~~い影法師も いつしか暗闇に消えて

超! お疲れの私は 何もする元気なくって~~

はい、 お風呂へ行きました。  もち、大きいお風呂~
このくらいのご褒美あってもいいよね


ってんで、 やっぱり食い気の秋で 終わったとさ ハハハ
お疲れ様でした~~♪

スポンサーサイト



 Home